NSC Training in 第2回関西ITインフラ系勉強会を開催しました。
第2回関西ITインフラ系勉強会の会場であるシナジーカフェ GMO Yours Osaka内に、スタッフ・登壇者・参加者が利用可能な無線のネットワークを張り巡らせるという実践型Trainingでした。

勉強会前日の11月22日に集まり、自己紹介に始まり、要件定義・設計・実装・デバッグ・パッキングまでを行いました。
今回の特徴は「以前にNSC Training等でネットワークを設計したことがない人が設計を行う」というものでした。これはNSC運営事務局が大切にしている考え方の一つに「設計ができること」というものがあったからです。「使えるネットワーク」を作るためには、設計の能力も欠かせません。今回初めて設計する方はもちろん、以前に設計をしたことのある方は、今回オペレータに徹して、設計がどのように実際のネットワーク(機器も)に反映されるか客観的に見る良い機会になったかと思います。

初めて会った方同士とは思えないほど順調に設計・実装を行っていったのはさすがだなと思いました。皆さんの意識の高さの表れかと思います。

Training全体の流れとして大きく分けて、事前準備、構築、運用、片付けまで一貫して実施しました。Trainingに参加した方からは、「運用のことまで頭が回っていなかった」や、「片付けまで考えないといけないのか」などありました。ともすればこのような勉強会は準備・片付けはしてもらって、やりっぱなしになりかねませんが、私たちが目指すのは本当の意味でインフラを作れるエンジニアの育成です。そのためには、泥臭いかもしれませんが、運用や片付けについても体験して頂くのは大変貴重な機会になったのではないかと思います。

IMG_1107IMG_1123IMG_1112IMG_1134IMG_2755